Twitter
Profile

デュアリス公式サイト

ちょこぴき(♂)@埼玉
日産のSUV「デュアリス」が来てから、折り畳み自転車「ブロンプトン」に、フォールディング・カヤック「アルフェック・アリュート」購入と、何だかアウトドア志向なインドア派です。
Twitterでフォロー mixiページへ
Categories
Archives
Recent Entries
Recent Comments
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.01(Sun)
DSCN1647.jpg久々に霞ヶ浦に行ってきました。
風は強く、アオコで水は濁っていたものの、絶好のお天気!
非常に気持ちよかったです。

帰り、渋滞にはまって、ちょっと予定が狂っちゃったけど、ものすご~く満たされた休日になりました。
DSCN1625.jpg特に行くあても決めず、ストロークのフォームを意識しながら、とにかく漕ぐつもり。
とりあえず沖の方を目指します。

DSCN1617.jpgが、波が高く、フォームのチェックとか言ってる場合じゃない。
写真じゃ分かりにくいのですが、波を越える度、持ち上がった船首がバシャーンと水面に打ち付けられます。

ただ、これがやたらに楽しくて、もう夢中でバッシャバッシャやってました。

DSCN1624.jpg空はこの通り。
物凄い解放感です。

ま、こうしてる間も波に揺られてるんで、のんびり気分じゃいられないんですが。

DSCN1626.jpg水面の色が変わっている部分があります。
これ、何だ?と思ったら、雲の影でした。

この中に入ると、いきなり物凄く暗くなった気がして、ちょっと不安になったりします。

DSCN1629.jpgそうこうしてる間に対岸に到着。
岸のそばは波も穏やかです。

この後、以前雑誌の取材を受けた場所まで行ってみようかと思いましたが、途中、GoogleMapで調べたら予定時間内には到底辿り着けないことが判明し断念。
いつか行ってみたいもんです。

DSCN1632.jpg帰りは波に押される感じ。

風下に進むので疾走感はありませんが、なかなか凄い。
全然漕いでないのにどんどん運んでくれて、大きい波だと視線も高く、ホントに担がれてるみたいです。

DSCN1634.jpg筑波山。
反対側には牛久大仏も見えました。

帰りはのんびり観光気分です。

DSCN1646.jpg結局、行きで1時間半くらいかかった場所から、波に押されて30分くらいで帰ってきました。

昔は、このマリーナ周辺でしか漕いでなかったのに、随分遠くまで行けるようになりました。

DSCN1644.jpg今回、教えていただいた通りにフットブレイスの使い方を変えてみました。

と、なんでしょう?楽ちんです!
しっかり腰も使えるし、足への疲労感も格段に違う!

安定性は多少落ちるようなので、横揺れで踏ん張りたい時は膝、しっかり漕ぐ時はフットブレイスと使い分けたいと思います。
教えていただいたまったり~さん、本当にどうもありがとうございます。
関連記事
コメント
お久しぶりです。まったり~です。

霞ヶ浦で漕がれていたのですね。海を漕いでいるように見えまーす。

フットブレイスの活用については、私のコメントがお役に立った?ようでうれしいです。

ところで、これまで私は下半身の動きを特段意識せずに漕いでいたところですが、先般、コメントをしたことにより、いろいろと漕ぎ方について考えるようになりました。スクールなどでは、パドルの操作方法は教えてくれますが、下半身の動き、利用方法までは言及しないと思います。私も教わった記憶がありません、よって自己流なわけです。私の愛読書「カヌー&カヤック入門」(辰野勇著、山と渓谷社発行)でも、あまり記述がありませんでした。

ちょこぴきさんがおっしゃるとおり、フォールディングカヤックでもひざを利用することが重要だと感じています。大きな波で艇が揺れる場合には、ひざを使い身体と艇を一体化させたほうが操作がしやすく、力が入りやすいような気がします。アルフェックのフレームでは、一番上の中央に配置するパイプをNBパイプと表現していますが、NBはニーブレイスを表すようであり、ひざを支える部材と解釈してよさそうです。ニーはひざ、ブレイスは支持という意味だと思います(多分)。ということは、ひざをNBパイプに押し当てて漕ぐのが基本・・・ん?、すみません、どのフォームが正しいのかわからなくなってしまいました。フォールディングカヤックでは、フットブレイスで足を支えることとニーブレイスでひざを固定することは両立できないような・・・。

多分、漕ぐときの基本フォームはあると思いますが、ちょこぴきさんが経験されたように、その場の状況によって使い分けるのがbestな漕ぎ方?なのかもしれません。今後、スクールやツアーなどに参加する機会がありましたら、漕ぎに精通した人に下半身のフォーム、動き、利用方法を教わることが望ましいと思います。

私のあやふやなコメントは、結果的に漕ぎについて、お役に立てなかったような気がします・・・、すみません。

またまた、長々としたコメントで申し訳ありませんでした。それではまた機会がありましたら・・・
まったり~さん、こんばんは!
いえいえ、非常にありがたい情報でした。
船体幅が広いせいか、ガニ股にして膝で固定すると足がしびれてくるんですよね。
陸に上がる時、足に力が入らなくて、ちょっと怖い思いしたことがあるんで、フットブレイスを使って、ムリなく体が使えるようになったのは非常に大きいです。

だけど、アルフェックで膝と足の固定って、やっぱり両立出来ないんでしょうかね?
そもそも、船体幅で安定性を稼いでるから膝で踏ん張る必要もないのかな???
おっしゃる通り、スクールに行くことがあればこの辺確認しておくと良さそうですね。
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。