Twitter
Profile

デュアリス公式サイト

ちょこぴき(♂)@埼玉
日産のSUV「デュアリス」が来てから、折り畳み自転車「ブロンプトン」に、フォールディング・カヤック「アルフェック・アリュート」購入と、何だかアウトドア志向なインドア派です。
Twitterでフォロー mixiページへ
Categories
Archives
Recent Entries
Recent Comments
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.24(Sun)
昨日挫折していたパンク修理、チューブを買ってきて、本日再開!

お店の人にブロンプトンに使えるか確認して買ってきたものは、何と、昨日挫折していたチューブと同じものでした...。
純正も売っていましたが、シュワルベの「16x1 1/4,16x1 3/8,18x1.25米式バルブ」って奴。

そのままではペッタンコなので、かる~く空気を入れて、エアバルブからタイヤにはめ込むように入れていきます。
多少力もいりますが、まぁ、楽勝!
エアバルブが、純正チューブの前輪は黒なので、別物になってしまいました。

純正とは長さも太さも違うんですが、使えちゃうんですね。
重さは、正確に測ってはいませんが、何となく、シュワルベの方が軽く感じます。

で、今回、以前から変えてみたかったプーリーをシールドベアリングの物に変えてみました。

JockeyWheelって所の、純正と同じ10T、ブラック。
11Tの物が多いようですが、11Tだとプーリー同士が干渉しちゃうみたいです。
この辺、お店にいる時、スマホで調べた。スマホ万歳!

で、後輪を取り付けますが、まずは、おなじみ(?)あられもない姿から、フロントクランクにチェーンをひっかけて...。

タイヤをはめ込んだら、駐輪姿勢にしてチェーンテンショナーにチェーンを取回して、ボルト締めしていきます。

チェーンの取回し方はこんな感じ。
チェーンテンショナーはたたまず、「3」みたいな形になるように...、
って、よく見えん...。

ま、でも、次回の参考用に、一応、メモ。

付属のポンプで空気を入れていきます。

150回入れてみたところで、2.0bar。
4.0~5.0barくらいが適正だそうですが、徐々に入り辛くなるし、ここまで入れるのは、ホント、大変。
外出時は、応急処置と考えるのが良いかな。

で、試走に行ってまいりました。
1時間弱。10kmほど乗って問題なかったので、シュワルベのチューブ、大丈夫そうです。

で、プーリー。
正直、全然わからん...。
もう少し、軽く感じたりするもんかと思ってたけど...。

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。