Twitter
Profile

デュアリス公式サイト

ちょこぴき(♂)@埼玉
日産のSUV「デュアリス」が来てから、折り畳み自転車「ブロンプトン」に、フォールディング・カヤック「アルフェック・アリュート」購入と、何だかアウトドア志向なインドア派です。
Twitterでフォロー mixiページへ
Categories
Archives
Recent Entries
Recent Comments
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.03(Sun)
20100103203925.jpg鎌倉街道に入り、一路、鎌倉へ。
いやぁ、ここもキツかった...。
結構走ったと思っても、地図を見るとあんまり進んでなかったりするもんだから、極力、地図は見ないようにして、限界まで行こうと...。

で、途中、道が二股に分かれてまして、仕方なく地図を見てみると、おぉ、もう鎌倉はすぐそこ!
ちょうど空も明るんできて、何とか夜明けまでには鎌倉市に入ろうと。

ただね、気力は持ち直すんですけど、ケツの痛みがね...。
漕ぐたび、腫れ上がった部分をビンタされるような感覚。
立ち漕ぎするにも足がパンパンだし...。

が、がんばったと思います。
道は急に細く走りにくくなり、緩やかだけどダラダラと続く長い上り坂を乗り越え、
何とか、夜明けは鎌倉市で向かえられました。多分。

北鎌倉、円覚寺のちょっと北にある小袋谷っていう交差点で曲がる方向を間違えて、立ち寄ったコンビニを出てみると、サイクルメーターはちょうど100km。
6:30。外はすっかり明るくなってます。
hachimangu.jpg2日、7:00過ぎ。着きました!鎌倉!
鶴岡八幡宮です。

実は私、子供の頃、海外で暮らしてまして、祖父母がこの辺りに住んでいたので、日本に帰ってくるとそこに泊まっていたんです。
なので、ふるさとの感覚なんですよね、この辺。

ここまで初詣に来るのが、今回の最大の目的。
今年はいいことあるよね、きっと。

folding.jpg八幡様の中には自転車は入れず、駐輪場もないとのことで、手荷物モードに。
折り畳みで良かったです。
ここまで来て入れないんじゃ...。

ここ、階段、きついんですけどね。
上ってやろうじゃないの!ってな気分。

hase.jpgその後、鎌倉駅方面をプラプラしたんですが、まだ、お店も開店前だったので、お土産買うのは断念して、長谷観音へ。
幸い駐輪場あり。

ここの境内からは逗子から三浦半島まで一望できます。
天気も良く、メチャメチャきれい!

daibutsu.jpgで、大仏です。
駐輪場ありました。

いやぁ、何とも...、
非常に良いですよね。

yuigahama.jpg大仏を後にして、次は海沿いの道を走ろうと由比ガ浜に向かいました。

非常に清々しく、もう、この辺、言葉もありません。
ケツは相変わらず痛むんだけど。

inamuragasaki.jpgさらに、江ノ島を目指すと、なんと、どど~んと富士山が!

絶景です。
七里ガ浜から江ノ島の後ろに富士山...。
疲れに加えて眠気も出てきたので、稲村ガ崎でしばし休憩。
ぼ~っと、ただ、ずっと海と富士山を見てましたけど、ホント、飽きません。

enoshima.jpgで、江ノ島到着です。

御当地バーガー「江ノ島バーガー」は是非食べてみたかったのですが、開店時間11:00になっても店は開かず、年始休みだったようです。
で、もう、眠気がかなり来ていて、上まで上る気が起きなかったので、お土産だけ買って帰ることに。

katase.jpg小田急、片瀬江ノ島駅。
帰りは、当然電車。そのための折り畳み自転車だから。

ここ、小さい頃の思い出がいっぱい詰まった駅で、感慨もひとしおです。
その後、友達と何度も来てるんだけど、やっぱり思い出すのは小さい頃の記憶ですね。
ここから、もう亡くなった祖父母の家から、実家に帰るまでの定番コースを辿って帰りました。

20100103203927.jpgで、家に戻って、ビックリ。
サイクルメーターがピッタリ120km!
何か、すげー。

いやぁ、それにしても、ムリしたな。
全身筋肉痛だし、ずっと風にさらされてたせいか、目が真っ赤に充血してる。

で、やっぱり、ケツだよなぁ。
ケツの痛みさえなければ、もっと乗れそうなんだけど...。
やっぱりインナーパンツとアイウェアは必要ですかね。
まぁ、達成感もあり、色々学ぶところもあり、思い切ってやった甲斐がありましたよ。

本日の走行距離、9時間40分で、120km。
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。