Twitter
Profile

デュアリス公式サイト

ちょこぴき(♂)@埼玉
日産のSUV「デュアリス」が来てから、折り畳み自転車「ブロンプトン」に、フォールディング・カヤック「アルフェック・アリュート」購入と、何だかアウトドア志向なインドア派です。
Twitterでフォロー mixiページへ
Categories
Archives
Recent Entries
Recent Comments
Category : デジカメ
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.09(Fri)
DSCN2840.jpg先日の霞ケ浦の写真。
湖上にはカモさん、いっぱい。

多分、カルガモ。
スポンサーサイト

2012.10.11(Thu)
DSCN2611.jpgフェリーからの東京湾。
日の入りが撮りたかったけど、曇っちゃって太陽は見られず。

が、なかなか幻想的な風景です。
2012.09.26(Wed)
DSCN2548.jpgいっぱいいました、ダイサギでしょうか。

近づくと、一応、逃げてみたりもするんですが、やり過ごそうとする奴もチラホラ。
若干ピンボケしちゃったのでアップしなかったけど、コイツ等、そんなに動きが早くないので撮りやすそうです。
2012.09.26(Wed)
便利なフリーウェアを見つけました。
指定したフォルダにドラッグ&ドロップするだけで、画像ファイルのサイズを小さくして保存してくれるという物。

デジカメで撮った写真、そのままだと大きすぎてFC2にはアップできません。
これまで、画像処理ソフトでファイル指定、リサイズ、保存してからアップしてましたけど、ドラッグだけなんで、かなり手間を省けるようになりました。

Windows7(32bit)で、起動しっぱなしだと失敗したりもするようですが、今後、必需品ソフトになりそうです。

Dropresize
2012.08.14(Tue)
テレコンも手に入れて、ちょっぴり撮影を楽しみにしていた金星食。
残念ながらの曇り空です。

が、AndroidのGoogleSkyMapでは、見事(?)に金星食が観られました。
14日、AM2:20頃。
今年の天体ショー、何気にこのアプリ大活躍です。
2012.08.13(Mon)
RSCN2395.jpg今日の彩湖、一羽だけカモメがいました。
でもこれ、ウミネコなんでしょうか???

図鑑によると、夏場に見られるカモメはウミネコとセグロカモメくらいだそうで、ウミネコは口ばしに黒と赤の模様があって、尾が黒いのが特徴と。
コイツ、口ばしにも模様あるし、尾も黒い。

RSCN2394.jpgでも、ウミネコって、やっぱり海にいるわけですよね?
若いカモメも尾が黒く、体が褐色らしいので、成長途中なのかもしれません。
足が黄色だったらウミネコ確定でしょうけど、足は見えず...。

2012.08.13(Mon)
DSCN2341.jpgペルセウス座流星群を写真に撮れるかと思ったのですが、肉眼でもよくわからず...。
でも、星空がきれいだったので、夏の大三角形を撮ってみました。
ベガ、デネブ、アルタイル。

やっぱり手ブレします。
カシオペアは手ブレで全滅でした。

DSCN2356.jpgデネブ。
2,000mmデジタルズーム。

テレコンは手振れしちゃってムリ。
天体を撮る場合、テレコンを支える何かと三脚は必要ですね。
2012.08.08(Wed)
DSCN2291.jpg先週の土曜日でしょうか?
戸田の花火大会がありました。

その日はレッズ戦だったのでカメラを持っていたのですが、仕事のため観戦できず。
で、職場をちょっぴり抜け出して、花火撮ってみました。

設定は、プリセットされていた「花火モード」。
シャッタースピードが遅いせいか、テレコンで撮ってみた所、手ブレがひどい。
なので、素のままの1,000mm望遠です。

肉眼ではそんなに大きく見えないんですけど、結構きれいに撮れるものです。
2012.08.02(Thu)
DSCN2206.jpgレンズフィルターの比較をしてみます。

まずは、フィルターなし。
24mmの広角端。
P510にステップアップリングを加工して取り付けてありますが、ケラレも出ていません。
2012.08.02(Thu)
RSCN2159.jpgテレコン付けたので試し撮り。
ヒヨドリでしょうか?
露出補正+2.0で、UVカットフィルターを使用。
1,700mm望遠で撮ったものをトリミングしました。

良いサイズで撮れています。
デジタルズーム2,000mmだとかなり粗くなるけど、これくらいなら十分。
コイツは使えそうです。
2012.08.01(Wed)
フィルターを取り付けられるように加工したP510。
テレコンレンズもいつか装着したいと思っていました。

と、評判の良い「TCON-17X」をお店で見付けたので思わず購入。
オリンパスのXZ-1ってな高級コンデジ用で、58mm~55mmのステップダウンリングをかませて装着。
これで1,700mm、デジタルズームなら3,400mmになるそうです。

鏡胴を伸ばしたところ。
結合部はネジ山を削り取ったステップアップリングだけなので、ちょっとした衝撃でも外れちゃうかもしれません。
なので、撮影時はテレコンを支えながらになります。

気軽に撮れるコンデジのメリットはなくなっちゃいますけどね。
24mm~3,400mmまで。
色々対応できるのはワクワクします。

2012.07.23(Mon)
DSCN1952.jpgオナガです。
関東には当たり前にいますが、関西ではほとんど見かけないそうですね。

100mくらい離れた所にいましたが、トリミングすると粗さが目立つし、この距離でもう少し鮮明に撮るにはどうしたらいいんだろう?
露出がカギなのか???
2012.07.18(Wed)
DSCN1902.jpgカルガモ君。

カヌーを漕ぎながら近付いて行くとすぐ逃げちゃいますが、プカプカ水の流れに任せて近付けば、案外警戒されずに近寄れたりします。
漕がないと船体が周っちゃうんで、撮りたい方向に向いて静止してることなんて、まずないんですけどね。
2012.07.17(Tue)
DSCN1828.jpgレンズフィルターを付けられるように手を加えたP510。
先日購入したフィルターを試してみました。

まずは、UVカットフィルター。
遠景のモヤが取れるとのことでしたが、これ、良い!
見たままに近い色が再現されます。
2012.07.17(Tue)
DSCN1822.jpg長野に行ったので、野鳥も是非撮りたいと思ってました。
で、朝7:00前、皆より先に起きて山荘近くの山の中へ。
が、全然発見できず...。

とりあえず、買い出しに行った先にいたスズメ。

DSCN1868.jpg地元に帰ってきて、駐車場にいた奴。

何でしょう?
ただ今、手元に図鑑がないので後日調べてみることにします。

※調べてみましたが、よくわからず。
ムクドリの一種でしょうか???

2012.07.12(Thu)
先日装着した、52-58㎜のステップアップリングによって、P510にもフィルターが取り付けられるようになりました。

という訳で、光の反射を抑えるPLフィルターと、常用出来て紫外線のモヤを抑えるUVカットフィルター。

残念ながら、24㎜広域角ではケラレが出てしまいますが、まぁ、良し。
ついでに58㎜のレンズキャップもGETです。

2012.07.05(Thu)
フィルターを取り付けるネジ切りのないP510ですが、カヌーでの撮影がメインなので、水面や風景を撮ることが多く、PLフィルターが気になっています。

という訳で、フィルターを取り付けられるようにします。

PLフィルターを加工して失敗した場合、かなり凹みそうなので、出費がかさまないように、安価なステップアップリングを加工することにしました。

調べた所、P510のレンズサイズは50㎜ちょいくらいらしく、本体のレンズを格納している部分は58㎜らしいので、marumiの52㎜-58㎜を使用。
コイツのネジ切りを、やすりで根気よく削っていきます。

とりあえず、はまりました。
ちょっとした衝撃で外れちゃいそうだし、強度的にも問題ありそうですが、フィルターくらいなら何とかなるでしょう。

ただ、これだとレンズキャップがはめられなくなっちゃった。
58㎜のレンズキャップを買ってくるか、保護フィルターを常時付けることにしますかね???
2012.07.01(Sun)
DSCN1661.jpg知らなかったんですが、霞ヶ浦って日本でも有数の野鳥の生息地なんだそうです。
まぁ、あれだけ大きな湖ですから、当然と言えば当然ですよね。

で、コイツは何でしょう?
ハクセキレイのメスでしょうか?
2012.06.19(Tue)
DSCN1555.jpg台風です。
シャッタースピード、1秒。

これだけでずぶ濡れです。

2012.06.18(Mon)
DSCN1508.jpg多分、ベガ。
いわゆる、織姫ですね。

2,000㎜デジタルズームで手持ちで撮影しましたが、三脚とか、テレコンとか欲しくなっちゃいます。
フィルター用のネジ切りがないP510、テレコンを付けるには、まず、鏡胴を何とかしなきゃ...。

2012.06.17(Sun)
DSCN1483.jpg天頂より、やや西の星。
2,000㎜デジタルズーム、AFです。

天体の確認には、AndroidのGoogle SkyMapを使っていますが、アルクトゥルスっていう牛飼い座の星でしょうかね。

2012.06.12(Tue)
デジカメの防水対策、シャワーキャップが良いとのことで、先日旅行に行った時にホテルから持って帰ってきました。

雨天や水中撮影という訳じゃなく、カヌー用。
で、カヌーと言っても、湖でプカプカなので、ちょっと水しぶきがかかるくらいなんですが、これ、バッチリ!
扱いも簡単で、本体をスッポリと入れた後に、上から余った部分をレンズに被せるだけ。
ストラップも邪魔になりません。

撮影時は、レンズに被せた部分を外します。
液晶ディスプレイも問題なく見えるんで、ある程度の防水が保たれたまま撮影出来そうです。

ただ、さすがに使い捨て用なんで丈夫さがね。
100均のシャワーキャップは不透明だったり、変な柄が入ってたりだし、ネットで透明のは手に入りそうだけど、わざわざ通販ってのもなぁ...。
どこかに売ってたりしないでしょうかね???
2012.06.06(Wed)
FSCN1286.jpg連射を使って、鳥が飛び立つシーンを撮る練習。
モデルはいつものハシブトカラス君。

フォーカスは、「ターゲット追尾」で、連射は「先取り連射」って機能を使ってみました。

連射にすると画質が悪くなる上、被写体までの距離があったのでかなり画質は悪いです。
でもって、前触れもなく一瞬で飛び立つんでかな~り難しいのですが、何とか写真におさめることが出来ました!
慣れてくればもう少し上手になりそうです。

RSCN1383.jpgついでに、キジバト。

コイツも飛び立つのを待ってたけど、一向に飛び立たず...。
鳥の撮影、難しいですね。

2012.06.06(Wed)
DSCN1102.jpg曇天模様のさいたまですが、撮れました!
金星の太陽面通過です。

日食メガネを使っても、肉眼では何か黒い点があるようなないような...という感じ。
でも、カメラにはしっかり収めることが出来ました。

DSCN1103.jpgこちら、2,000㎜デジタルズーム。
通常、天体はマニュアルフォーカスの無限遠で撮るそうですが、デジタルズームはマニュアルフォーカス出来ないので、AFで撮っています。

上の写真と金星の位置が違うのは、カメラの角度の問題。
黒点の位置でカメラの角度の差もわかります。

2012.06.03(Sun)
RSCN0896.jpg1,000mm望遠で撮ったハシブトカラスを切り抜いてみました。
切り抜きは本体で簡単に出来ます。

まぁ、画質は荒いですけど、今のところ、芸術的な写真よりも、見えるものをいかに記録するかに興味があるんで特に不満もなく。
案外、かわいい顔しています。
2012.06.01(Fri)
ブックオフで見つけました。

手持ちの「新・水辺の鳥」、非常に気に入っていますが、もっと情報が欲しかったのと、山野の鳥も少しは知りたかったので買ってみました。お安かったし。
こちらは写真による図鑑で、DVD付き。
解説も「水辺の鳥」より詳しく載っています。
まぁ、調べやすさ、イラストのわかりやすさで圧倒的に「水辺の鳥」の方が好みだったりはしますが。

にしても、すっかり鳥好きになってしまいました。
恐竜から進化したと思うと、なおのこと、観てて楽しいんですよね。

ひと目でわかる野鳥ひと目でわかる野鳥
(2010/01)
中川 雄三

商品詳細を見る
2012.05.31(Thu)
ハシビロコウ。
なんと、放し飼いです。
1mくらいの大きさで、時々ジリッと動くんで凄い迫力。

他にも、クジャクやらフラミンゴやら、基本放し飼いで、リスザルもあっちこっちを飛び回ってたりします。
今回、荷物の都合で昔のコンデジしか持って行かず、この写真はスマホだったりしますが、ここ、すげぇ楽しい!
P510持って行けばよかった...。
2012.05.29(Tue)
FSCN0788.jpgカメラで遊んでいます。

部屋から見える緑がツヤツヤしていたので撮ってみました。
網戸越しだと虹のような反射が出来るようで、ちょっと面白い。
さらにそこにクロススクリーンエフェクトをかけてみました。
やっぱり、シャープさには欠けますね。
2012.05.28(Mon)
金環日食も終わりましたが、今後もあれこれ天体イベントがあるようです。

まず、6/4、部分月食。
東から南東の低い空で、18:59に始まって、20:00頃が最大、21:00頃までだそうです。

続いて、6/6、金星の太陽面通過。
東の空で、7:11から18分かけて太陽前面に入り込んでいき、13:45頃反対側に通過していくと。

で、7/15には木星食があるらしいけど、こちらは日中なので天体望遠鏡がないとムリ。
でも、8/14の金星食は、2:43から3:28まで、半月状の金星が月の後ろに隠れていくらしい。

8/12~13には、ペルセウス流星群。
12/13~14には、ふたご座流星群。
7/15~16、8/12~14未明は、月と金星と木星が並び、11/27未明には、金星と土星が接近して見えると。

金環日食ほどのインパクトはないですけどね。
一応、写真に残してみたいもんです。

2012.05.26(Sat)
DSCN0779.jpg虹です。

この写真、ずっと見てると虹が消えたように見える。
ちょっと不思議。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。