Twitter
Profile

デュアリス公式サイト

ちょこぴき(♂)@埼玉
日産のSUV「デュアリス」が来てから、折り畳み自転車「ブロンプトン」に、フォールディング・カヤック「アルフェック・アリュート」購入と、何だかアウトドア志向なインドア派です。
Twitterでフォロー mixiページへ
Categories
Archives
Recent Entries
Recent Comments
Category : 自転車/ポタリング
2011.01.24(Mon)
雑誌などで取り上げられていて、気になっていた「ルートラボ」。
使ってみました。

楽しいです、これ!

出発地点と終了地点をクリックするだけで、実際の道路に沿ったルートに距離や高低差も表示してくれます。

GoogleMapでもルート表示できますが、正直、精度と操作性が馴染めず...。
が、これならドライブやポタリングの記録にもバッチリ使えそうです。

さらに、ルートの印刷やダウンロード、ブログ張り付けが出来たり、他の人が作ったルートを見ることも出来るので、色々、活用範囲も広がりそう。
現在、間寛平のアースマラソンのルートが公開されてたりします。

そのうち、過去のポタリング記録を公開してみようかな。

ルートラボ
2011.01.23(Sun)
先日、ホイール周りを調整したので、試走してきました。

と、すご~い!かる~い!!
ちょっぴり違うくらいを想像していたのに、メチャメチャ転がります!
今までの感覚では下りの傾斜で足が付いていかない。
とりあえず、パンクもせず、チューブも、リムテープも大丈夫そうだし、これだけ効果があれば定期的なメンテも力が入りますね。

で、気を良くして、丸型ミラーに付け替えてみました。
B&Mっていう、自転車ミラーではそれなりの信頼があるらしいメーカーの物

今まで、Zefalの角ばったミラーを付けていて、実用的には気に入っていたんですけど、どうもデザイン的にそぐわないのが気になってたんですよね。

どうでしょう?
個人的には結構しっくりきた気がします。
若干視界が狭くなったのと、ガラスミラーでちょっぴり重たくなりましたけど、Zefalのよりクッキリで、機能的にも問題なさそう。
付ける付けないも含めて、ミラーもあれこれ試してきましたけど、とりあえず、これで落ち着きそうです。
2011.01.22(Sat)
自転車、買いたいものをまとめてみます。

■とりあえず必要そうな物
・リムテープ(ズレてたから)      :  500円くらい。
・パーツクリーナー(汚れてきたから)  : 1,500円くらい。

■現行ギアでペダリングを軽快にする
・純正仕様シュワルベ・コジャックタイヤ :10,080円。
・コジャック用のチューブ        : 2,000円くらい。
・シールドベアリングのプーリー     : 4,000円くらい。
・SHIMANOのXTRチェーン         : 3,000円くらい。
・グリス                : 1,000円くらい。

■ちょっとかっこよくする
・ハンドルバー             : 3,000円くらい。
・ブレーキレバー            : 2,000円くらい。
・丸型のミラー             : 2,500円くらい。

■快適な旅自転車にする
・スターメーの5段変速内装ハブ     :45,000円!
・14Tリアスプロケット         :  800円くらい。
・純正リアキャリア           :18,000円くらい。
・小型のカギ(ちょい停め用)      : 1,500円くらい。
・小型の空気圧計(外で空気入れる時用) : 2,000円くらい?
・勾配計(登坂能力を知りたいから)   : 2,000円くらい。


総額100,000円くらいでしょうか。
旅自転車を後回しにすれば、3万弱。
ちまちまカスタムしていきましょうかね。
2011.01.19(Wed)
またしても、タイヤを外してみました。
前輪を外した時、普段、磨けない所を磨いたら、後輪の方が気になっちゃって。

でもって、後輪を外したら、前輪の転がり具合が気になっちゃって。

プーリーも外して、きれいにしました。
プーリーって、一番高回転する部分なんで、ここの転がりが悪いとペダルも重くなるのかなと。

ブロンプトンのプーリー、軸に金属の輪っかが入ってるだけでしたけど、ベアリング入りのプーリーにしたら、ペダリングも随分変わるのかな。
ギアの重いブロンプトンなんで、非常に気になります。

ホイールハブのベアリング、玉押しの調整をしました。
軽く回転させただけで、いつまでも回ってる感じ。

そういえば、納車したての頃はこんな感じだった気がします。
埃が入ったりして、回転も悪くなってたみたいですね。
これだけ回れば、恐らく、走りも変わるでしょう。
2011.01.19(Wed)
携帯用のスパナが欲しくて、買ってきました。
15mmと10mmだけでなく、17mmスパナも必要だと分かったので、色んなサイズに対応出来る物。
多少使いづらくはありますが、厚さも3mmほどだし、一番必要な15mmが外側に付いてるんで、バッチリです。

ついでに、外でホイールを外す際にボルトやワッシャーを失くさないように、小分けできるケースも購入。
輪行セット、完成です。

2011.01.19(Wed)
雑誌「ホビー・ジャパン」の付録プラモ。
地元の自転車屋に置いてあって、ご自由にお取りくださいと。

2つ3つ持ってきたかったけど、まぁ、そこは大人なんで一つで我慢(^^;
でも、太っ腹ですね。

以前、実際に購入した物は赤でしたが、コイツは緑!
なんと、バリエーションがあったんですね。

前のは、マイブロンプトンと同じ、ブルー/シルバーの2トーンにしたけど、やっぱり、今回もそうしようかな。
で、Sハンドルに改造しちゃおうかな。
何はともあれ、楽しみです。

2011.01.19(Wed)
本日、お休みをいただいたので、たっぷり自転車をいじることにしました。

で、かねてからやってみたかった、チューブ交換の練習。
これが出来ないと、人っ子一人いない所でパンクしちゃったらアウトですからね。

という訳で、前輪を外してみます。
2011.01.16(Sun)
地元をプラプラしている最中、ブロンプトン、ついに1,000km突破いたしました!

Brooksの本革サドルも、もうすぐ500km。
それくらい乗ればお尻の形にフィットしてくるそうなんで、そろそろ、私仕様になってきたかな。

Brooksサドルと同じ日に、グリップもSobdeallの本革グリップにしましたが、
ツヤツヤで甘栗のような風合いになってきたBrooksサドルに比べ、グリップはちょっぴり黒ずんだ程度。

色は同じハニーで、若干、グリップの方が明るめくらいの差だったのが、明らかに色が変わってきちゃった。
元々の革の質の違いでしょうかね。
2011.01.06(Thu)
仕事が早く終わったので、プラッとリサイクルショップに立ち寄ってみたら、かねてから買い換えたいと思ってたスポーツサングラスを見つけました。

レイバンのX-Raysっていう、2004年のモデル。3,000円。
2007年モデルは、横峯さくらが使ってるそうな。

レンズは、クリア。可視光線率60%だそうで、中古ですが、擦り傷とかもなく、状態はなかなかのようです。

以前使っていた、OGKのスポーツサングラス。
私、ちょっぴりお顔がデカめなので、見た目的に似合わなかったんです。
でも、これ、幅広なんで、あんまり違和感ありません。
軽いし、テンプルが可動式でフィット感も抜群!

レンズは、以前のは、クリア、ブラック、イエローと取り換え可能だったんですが、
私の場合、アイウェアは風よけの意味合いが強いので、とりあえず、クリアでOK。
見た目を考えると、イリジウム加工っていうのかな、ミラー反射するのが理想だったんですが。

で、帰ってきてネットで調べたら定価20,000円するらしい。
それが、3,000円で手に入ったので、もう、オールオッケーです。
2011.01.04(Tue)
年末、部屋を掃除したついでに、バラバラに揃えてあった輪行用のグッズをまとめてみました。

もちろん、これだけじゃなく、輪行バッグやアーレンキー、サドルカバー、裾止めは常時ブロンプトンに携帯していたりします。
あと持っていくのは、地図、携帯できるウィンブレ、アイウェア辺りですかね。
ポンプはブロンプトン標準装備ので。

輪行セットの中身。
左から、肩掛けストラップ、15mmペダルスパナ、タイヤレバー、ホカロン、チューブ、電池類。

レンチは普通の15mmのでいいんですが、これしか持ってなかったので。
両端が15mmと10mmになった軽くて使いやすそうなのがあればな...。

肩掛けストラップは、スキー用の袋を解体して作りました。
シートピラーと、フロントの折りたたみ部分に通して、ブロンプトンを担げるようにしています。

ただ、強度をあんまり信頼していないのと、荷重のかかる部分に負担がかかりそうなので、飽くまで緊急用。
実は、まだデビューしていません。

でも、長い階段とかね。さすがに12kgくらいのずっと手で持ってるとキツいんですよ。
いつかきっと、持ってて良かったと思う日が来ると思います。
2011.01.02(Sun)
クランプラーの「SON-O」。自転車乗ってるとズレ落ちてくるんで、クロスストラップを付けてみました。
ハンズで売ってた、汎用チェストベルトです。

ホイッスル付きのベルトもあって、ホイッスルがオレンジで良かったんだけど40cm。こっちは、60cm。
結果的に、40cmじゃ足りなかったみたいなんで、ホッ。

ついでに、レザージッパータブも買ってきて、ブロンプトンSバッグに付けました。
レトロっぽくて、さりげなく良い感じ。

プラプラしながら、思いつきで買い物すること多いんですが、今日は成功でした。

2011.01.01(Sat)
早起き(でもないけど...)して、チャリに初乗り。

地元のデパートに入っているアウトドアショップで、マムートの福袋が出るそうなんで、ちょっくら行ってきます。

2010.11.30(Tue)
通販でしか手に入らないと思ってた加茂屋さんのブロンプトンオリジナルパーツ、フィンガークランプが地元の自転車屋に売っていたので買ってきました。

純正の物だと、折りたたむ時に緩めると、クルクル回っちゃうんですね。
で、組み立て(?)る時、ちょっと手間取ることがあるんですが、この加茂屋さんのは、中にスプリングが挟んであって、片側が長くなってるので回りにくくなってると。

で、装着してみました。

ゴールド、シルバー、ブラックとある中、ゴールドを選んでみましたけど、どうでしょう。
ちょっと主張が強いかなという気もしますが、工業製品感は増したかなと。
ブロンプトン、文明開化とか産業革命とか、インダストリーなイメージがあるんでヨシとします。

加茂屋CREATE
2010.11.16(Tue)
ブロンプトンが来て500日目だそうです。

最初の折り畳み自転車から半年も経ってないのに、16万もするので、
正直、後悔するかと不安だったりもしたんですが、結果的に、買って良かったと思います。

連休が来ないと乗れないんですけどね。
どこ行こうかなと考えたり、自転車屋めぐりするのも楽しい。

きっちり畳めて転がすことも出来るので、電車に乗るのが苦にならないし、
それなりに走るのに壊れにくいブロンプトン、最強の現実逃避ツールになっています。
2010.11.04(Thu)
小諸の旅館にあったレンタルサイクルは、何と、キャノンデールのタンデムMTB!レアです。

実は、二輪自転車の公道2人乗りが許可されているのって、長野、兵庫、山形、広島、愛媛のみ。
群馬と栃木は一部地域のみなんだそうです。
つまり、タンデム自転車も、それ以外の地域では道交法違反になるんだそうで、そういう意味では、この自転車、長野ならではのサービスなんですよね。

非常に乗ってみたかったのですが、時間もなく断念。
でも、これでダウンヒルとか、怖すぎるんじゃねーかと...。

2010.10.22(Fri)
最近、ブロンプトンのギア構成のことばかり考えていたりします。

昨日は、LOROさんの多段化について考えていたのですが、
42,000円からと、ちょっとお高い。

ですが、純正のリアスプロケットなら、何と、795円で手に入ると!

通常ポタの場合は、現行ギアで全然問題ないのですが、
以前、福島の山道を登れなかったのが、結構、気になってて、
峠に行くときは、事前にリアスプロケットを換装して出かけていくのもアリかなと。

ただ、調べてみると、リア15Tはブロンプトン純正ではなく、
ブロンプトンのハブギアを作っているスターメー製で、チェーンを2コマ足さないといけないらしい。
これでは、換装も面倒なので、却下。

で、フロントは現行の50T、リアを純正の14Tにした場合。

1速 3.57m
2速 4.76m
3速 6.34m

微妙...。
2010.10.21(Thu)
私のブロンプトン、2009年型S3L、クランク1回転で、最大6.82m進むってことになっているようです。

クランク側の歯数が50T、リアスプロケットが13Tは間違いないとして、
内装ギア比が、0.75、1.00、1.33、タイヤ周長が1335mmとすると、
50/13*1.33*1335=6829.03...になるので、恐らく、ギア比、タイヤ周長はこの値なんでしょう。

つまり、
1速 3.85m
2速 5.13m
3速 6.82m

で、最近気になっている、LOROさんの多段化パーツ。
5速の内装ギアに換装する仕様で、
フロント50T、リアは13Tから15Tが選べて、ギア比が、1.50、1.26、1.00、0.78、0.66。
さらに、外装2段を追加した10速化では、リアスプロケットを12T-17Tの範囲で選べるそうです。

   12T  13T  14T  15T  16T  17T
1速 3.67m 3.39m 3.14m 2.93m 2.75m 2.59m
2速 4.33m 4.00m 3.72m 3.47m 3.25m 3.06m
3速 5.56m 5.13m 4.76m 4.45m 4.17m 3.92m
4速 7.00m 6.47m 6.00m 5.60m 5.00m 4.94m
5速 8.34m 7.70m 7.15m 6.67m 6.25m 5.89m

さらに、フロントチェーンリングは44T、50T、54Tと換装出来るので、
フロント44T、リア17Tで、2.28m。
フロント54T、リア12Tで、9.01mまでカバー出来ると。
まぁ、踏めないでしょうが。

で、5速化、42,000...。
10速化では、63,000円...。
フロントチェーンリングも10,000円くらいするし...。
た、高い...。

もうちょっと、夢を見ていたいと思います。
2010.10.11(Mon)
ミラー、武骨で嫌なんですが、機能的には凄く欲しい。
で、あれこれ試していたんですが、そもそも機能しないものばかり...。

でも、Zefalのコイツはきちんと機能してくれました。
大き目で、瞬間的に頭に情報が入ってきます。
グリップの邪魔にもならないし、折り畳んでも、良い感じにタイヤの後ろに収まってくれる。
やっぱり、武骨なんですけどね...。

2010.10.11(Mon)
超久々に、自転車乗りまわしてきました。
実に、ゴールデンウィークぶり。
もう、乗りたくて乗りたくて、どれほどこの日を待ち望んだことか...。

今回の目的地は、東京ぶらぶら。
皇居のお堀の周りを走ってみたかったのと、「ゴッホ展」が観たかったので。
久々にハンバーガー屋も開拓したかったし。

まずは、地元さいたまを出て、板橋から明治通りを目指します。

が、途中、サイクルメーターが電池切れで動かなくなってた!
気付くまで、どれくらい走ったんでしょう。
最後に走行距離を見るの、結構、楽しみなのに...。

ま、細かいことは気にせず、池袋、新宿から四谷と走って、外苑東通りへ。
ここは車でも通ったことのない道。
赤坂御用地、青山墓地を抜けて、「ゴッホ展」の開催地、国立新美術館に到着。

ここまで、3時間くらいでしょうか。
ケツも全然痛くなっていません。

ゴッホ展を出た後は、東京ミッドタウンへ。
その後、六本木から赤坂見附を通って、国会議事堂へ。
そこから、皇居に出て、外苑から気象庁まで念願のお堀ポタ。
その後は、秋葉原から上野を目指して、上野から電車で帰ることに。

一応、インナーパンツ履いていましたが、結局、ケツはまったく痛くならず。
ついに、ブルックスの革サドルが馴染んできたんでしょうか。
電池交換してからの走行距離は、22.4㎞を表示していました。

電池を換える前の総走行距離と足して、現在まで、907㎞。
いよいよ、1,000㎞到達も間近になってきました。

で、サイクルコンピュータ「CATEYE CC-MC100W」のマニュアル、メモ。

CATEYE CC-MC100Wのマニュアル
2010.09.20(Mon)
完成しました。
光沢とツヤ消しのトップコートを使い分けたりして、ちょっぴりモデラー気分です。

でも、黒はマッキー...。

2010.09.15(Wed)
一応、色塗って組んでみました。
雑誌の付録の割に、結構、出来がいいです。

元は赤のキットですが、とりあえず、マイブロンプトンと同じ、ブルーxシルバー。
Mハンドルのままなのは妥協です。

簡単なプラモをいじってる時って、非常に楽しい。
実は細かい所が未完成だったりするんで、もうちょいいじります。

2010.09.05(Sun)
雑誌「Hobby Japan」の付録にブロンプトンのプラモが付いてきます。

この雑誌の傾向からフィギュアの用のアイテムっぽいのですが、ちゃんと折り畳みも出来て、なかなか精巧な作りのようです。
是非、Sハンドルに改造したいところだけど、しくじったら嫌だし、かといってもう一冊、予備を買う気にもなれないし。
う~む...。

2010.08.21(Sat)
フロントバッグの取っ手に、旅行カバン用のグリップを付けてみました。

以前、福島に輪行した時に気になってた部分。
フロントバッグを取り付けると、折りたたんで転がす時の取っ手になるんですが、バッグに荷物を入れると重くて痛いんです。
バッグを付けると転がしやすくなるのに、バッグを付けると転がしたくなくなるという...。

少しでも改善されればとちょっぴり期待。
デザイン的にも、プラスチックむき出しよりいい感じです。
2010.08.15(Sun)
これまで、Sobdeallグリップ付属のハンドルバーエンドキャップを使っていましたが、黒のプラスチックがどうも無骨でいただけない...。
皮製の物が欲しくて探したところ、何と、2500円...。

で、見つけました。
BROOKSの木製のエンドキャップ。661円。

本来、バーテープ用らしく、
バーエンドにはめただけでは、すぐに抜け落ちちゃうので、中にクッション素材を巻いてねじこみました。
で、グリップより細くて、飛び出しちゃったように見えますが、ハンドルバーが長く見えるので、個人的には、良い感じじゃないかと。
何より、BROOKSの焼印に満たされてたりします。

2010.08.15(Sun)
BROOKSのサドルカバーを買ってきました。
735円、安いです。

水分に弱い革サドル。この時期、雨じゃなくてもケツに汗かくんで重宝しそう。
100均で買った奴の方が使い勝手がよさそうではありますが、何といっても、このBROOKSのロゴがカッコいい!
収納用のベルクロも縫い付けてあったりします。

2010.08.12(Thu)
Zefalのミラーを付けてみました。

視野角が狭く、覗き込まないと対象が認識し辛いので、
安全性の意味ではかえってマイナスにも感じたりしますが、なければないでちょっぴり不安。
のんびりポタリング時には、それなりに面白くもなるかなと。

取り付け位置はこれから、あれこれ試してみようと思います。

2010.08.11(Wed)
私の初代折りたたみ自転車、通称「ルノチャリ君」。

ブロンプトンを購入してから殆ど乗ることはなかったのですが、この度、駐輪場を借りることにしました。
レンタルビデオとか、コンビニとか、チョイ乗り用として活躍してくれることと思います。

もう、折りたたむことはなくなっちゃいそうですけどね。

2010.08.01(Sun)
月間ホビージャパン10月号に、ブロンプトンのプラモデルが付録として付くそうです。
8/25発売で、1260円とか。

なんかのアニメでブロンプトンが出てくる関係で、
そのアニメのフィギュア用アイテムみたい。
でも、ちゃんと折り畳めたり、ディテールはなかなかの物っぽい。

フィギュアもアニメも興味ないけど、ブロンプトンのプラモは是非欲しい!
普段、馴染みのない雑誌なので、買い忘れないようにメモです。

ホビージャパン10月号付録のブロンプトン
2010.07.27(Tue)
納車から一年経った2009年モデルのブロンプトンS3L。
カスタマイズもほぼ固まり、こんな感じになっています。

まず、サドル。BrooksのB17スタンダード。
純正ペンタグリップを逆さ付けして、やや後ろ目にポジションを出しています。

で、300kmくらい乗って、多少馴染んできた気もしますが、まだ硬いです。

が、革独特の柔軟性があって、何ともいえない満足度。
もう、他のサドルには目移りしなくなりました。
これでケツが痛くなっても、それはケツの所為だと...。

サドルバッグは、純正のイージーカバー&サドルバッグ。
当初、Vivicraftの輪行袋が欲しかったんですが、最近では、この野暮ったさが逆にカッコ良いかなと。
使い勝手も良好で、イージーカバーは、草っぱらでのゴロ寝シートとしても使えます。

で、ちょい停め用に、Cropsの小さなコイル式のダイヤル鍵と、サドルバッグの中には、オルトリーブのすそ止めが入っています。
2010.07.27(Tue)
以前観に行った、「ブロンプトンジャパニーズチャンピオンシップ」の優勝者の平均時速は約40km/h。
他の参加者の皆さんも、ほとんどの方が時速30km/h超で12kmも走ってました。

で、本日お休みだったので、私はどの程度のものか走ってみたくなり、
荒川土手まで、気合入れて自転車乗りにやって来ました。

が...。

無理です...。
超必死こいても30km/h行くか行かないかって所。
しかも、3分ともたない...。

来年、BJCに出るなら、筋力も精神力も鍛えなきゃですね...。